たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2014年03月16日

えんがわフェスタ2014/友の会事務所開き/市民歌舞伎公演

11時30分 国領の市民活動支援センターで開かれているえんがわフェスタ2014に行きました。


【えんがわフェスタとは】
えんがわフェスタは調布市市民活動支援センターで毎年開催する、社会や地域の課題解決に向けた市民交流事業です。市民が実行委員として企画運営に関わり、「えんがわ」のように気軽な出会いの中で新しい発見があることを意図しています。テーマは、社会問題を背景に、毎年設定して事業を行っています。



今年のテーマは「もう一度、市民の社会参加を考えよう~えんがわプレゼンテーション~」
各界で活躍する達人が調布市民のために社会で、家庭で、仕事で、ボランティアで、育児で、学校で、就活で、デートで役立つアイデアをプレゼン。

ゲストスピーカーは
大浜平太郎氏(テレビ東京 報道キャスター) 、阿久根謙司氏(FC東京代表取締役社長) 、東園絵氏(ウナギトラベル代表) 、秋元妙美氏(ロンドンパラリンピックボッチャ日本代表) 、大久保譲氏(日本近代五種協会) 、山中詩乃氏(日本近代五種協会) 、高見秀太朗氏(MusicExplorerConcertProject 市内高校在学) 、内田公暉氏(電気通信大学 鉄道研究会) 、佐野哲元氏(ダンサー) 、恋するフォーチューンクッキー調布verプロジェクト 、植松真徳氏(調布FCジュニアユース) 、豊田有希氏(一般社団法人風土人)、他。


会場には1枚100円からの応援投票チケットが用意されていました。
ゲストスピーカーのプレゼンを聞いて、応援したいスピーカーの箱にチケットを投票。
投票枚数分の金額が活動支援金として寄付されるという、新しい仕組みに関心face02



お昼は、会場で販売されていたやさしいパンの店PINOの「チョココロネ」と「高菜のおやき」。




13時 大須賀ひろすけ友の会・調布の夢に大きく進む市民の会合同役員会が大須賀ひろすけ(仮)事務所で開かれました。

14時 大須賀ひろすけ友の会・調布の夢に大きく進む市民の会の事務所開きが行われました。事務所は市総合福祉センターの斜め向かい調布市小島町2-46-8です。




16時30分 文化会館たづくり・くすのきホールで調布市民歌舞伎第13回公演が行われました。

調布市民歌舞伎って何?
歌舞伎好きの普通の人々が、本物の歌舞伎の舞台で、本物の衣裳をつけ、本物のかつらをつけて歌舞伎を演じます。
地歌舞伎の伝統はありません。歌舞伎座や国立劇場で上演される大歌舞伎がお手本です。市民カレッジ「歌舞伎教室」修了生が母体となった団体です。



第一幕、假名手本忠臣蔵七段目『祇園一力茶屋の場』の有名な場面。素人とは思えない名演技に感心face02



  • 同じカテゴリー(今日の出来事)の記事画像
    一般質問「ラグビーワールドカップ、オリンピック・パラリンピックと調布の魅力・まちづくりについて」
    サッカーチケット コンビニ発券と自宅配送
    水木しげるさん 「ゲゲゲ忌」
    調布市議会議場コンサート/ゲゲゲ忌
    猫の日向ぼっこ
    飛田給 ふれあいクリーンデー
    同じカテゴリー(今日の出来事)の記事
     一般質問「ラグビーワールドカップ、オリンピック・パラリンピックと調布の魅力・まちづくりについて」 (2017-12-06 12:00)
     一般質問 (2017-12-04 08:59)
     サッカーチケット コンビニ発券と自宅配送 (2017-12-01 22:00)
     水木しげるさん 「ゲゲゲ忌」 (2017-11-30 18:18)
     調布市議会議場コンサート/ゲゲゲ忌 (2017-11-30 06:28)
     猫の日向ぼっこ (2017-11-28 18:32)
    Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01 │今日の出来事