たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2010年08月28日

調布市長野県人会役員会/消防操法訓練

18時30分 調布市長野県人会(斎藤一正会長)役員会がありました。

私は昭和35年に長野県南佐久郡小海町で生まれました。
中学1年生の夏休みまで小海町で暮らし、2学期から調布市佐須町に一家で引っ越して来ました。

両親が入会していた関係で、20年ほど前に県人会に入りました。
4-5年前から事務局のお手伝いもしています。

調布市長野県人会は昭和30年代の初め頃に設立されました。
現在、会員は85名で、新年会、総会、暑気払いなどを毎年行っています。

県歌「信濃の国」を歌うのが楽しみで毎回たくさんの方が参加します。


県歌「信濃の国」




役員会で、長野県人会連合会創立80周年記念誌「だれか故郷を想わざる」をいただきました。





さすがは、長野県人会!
学術書の様に充実した内容です。

平成の市町村合併を受け「長野県市町村合併最新図」、出身者による郷土へのラブレター(映画監督の崔洋一さんが小海町の近くの岩村田出身でしたface08)、県人会連合会のあゆみなどとともに、地区県人会の紹介がありました。

それによると、都内の区市町村県人会は、区内に19、多摩地域に14もあって活発に活動しています。
調布近辺だと、狛江市、府中市、武蔵野市、小金井市にもあります。

このように長野県人会は盛んですが、他道府県の県人会も市内にあるのではないでしょうか。
行政に聞いても全く把握していないようです。

5月15日ひろすけ’ブログにも書きましたが、市にはもっと積極的に県人会の活動を応援してもらいたいと思いますface15

行政は、地域コミュニティの大切さを訴えています。
趣味やスポーツのサークルに入りにくい人でも、出身県の県人会があれば気軽に入れるのでは。

だから、地域コミュニティづくりに県人会は貴重な存在になると私は思っていますicon01







20時 消防団第一分団ホースカー操法訓練

  • 同じカテゴリー(今日の出来事)の記事画像
    ブログ アクセスカウンタ 450,000突破
    58歳 誕生日
    調布駅前広場の樹木 初日の伐採・移植作業は中止
    自民党狛江総支部 新春の集い
    調布駅前広場の既存樹木の伐採・移植作業 着手
    市役所前庭 河津桜
    同じカテゴリー(今日の出来事)の記事
     ブログ アクセスカウンタ 450,000突破 (2018-02-24 11:33)
     58歳 誕生日 (2018-02-22 22:00)
     調布駅前広場の樹木 初日の伐採・移植作業は中止 (2018-02-22 12:00)
     自民党狛江総支部 新春の集い (2018-02-21 21:00)
     調布駅前広場の既存樹木の伐採・移植作業 着手 (2018-02-21 17:42)
     市役所前庭 河津桜 (2018-02-21 14:00)
    Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:03 │今日の出来事