たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2017年05月10日

2019年ワールドカップ日本大会 日本はアイルランド・スコットランドと同じプールA組

ラグビーの2019年ワールドカップ日本大会の1次リーグのプール組分け抽選会が行われ、世界ランキング11位の日本は、プールAで同4位のアイルランド・同5位のスコットランドなどと同じプールA組となりました。

ラグビーワールドカップ2019ホームページより)


1次リーグで出場20チームを5チームずつの4プールに分けて行われる。
プールA組の「ヨーロッパ1」「ヨーロッパ・オセアニアプレーオフ1」の国は今後決定します。

なお、ワールドカップ日本大会は2019年9月20日から11月2日まで開催されます。
全国12会場で48試合が行われ、調布市の味の素スタジアム(東京スタジアム)で開会式と開幕戦を含め数試合(4〜5試合)が実施されます。

  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 18:02Comments(0)今日の出来事ラグビーW杯、オリンピック・パラリンピック

    2017年05月10日

    平成29年度味の素スタジアムコンサートについて

    (写真:2017.4.16 FC東京vs.浦和戦)


    (調布市行政経営部政策企画課より市議会議員への情報提供)
    「平成29年度味の素スタジアムコンサートのお知らせについて」

    「ももいろクローバーZ 夏のバカ騒ぎ 2017 -FIVE THE COLOR Road to 2020」
    ・開催日時:8月5日(土)・6日(日) 開場14:00 開演17:00 ※雨天決行・荒天中止
    ・出演アーティスト:ももいろクローバーZ

    「a-nation2017」
    ・開催日:8月26日(土)・27日(日)
    ・出演アーティスト:未定(5月末に発表予定)

    ジャスティン・ビーバー 来日公演(コンサート名未定)
    ・開催日:9月23日(土)・24日(日)
    ・出演アーティスト:ジャスティン・ビーバー
    ・詳細は5月中旬に発表予定


      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 14:37Comments(0)市議会今日の出来事飛田給の出来事

    2017年05月09日

    民生委員・児童委員「活動啓発パネル展」/健全育成定例会

    市役所2階ロビーで、民生委員・児童委員さんの活動を紹介する「活動啓発パネル展」を行っていました。




    民生委員・児童委員は、民生委員法及び児童福祉法に基づいて厚生労働大臣から委嘱された民間奉仕者です。
    調布市では現在152人の委員(主任児童委員12人を含む。)がそれぞれの地域を担当し、社会福祉増進のため、生活に困った方、体の不自由な方、高齢者、児童問題等、様々な相談に応じ、相談者と行政機関とのパイプ役として地域に根ざした広範囲な活動をしています。

    パネル展は、5月8日(月)~12日(金) 午前10時~午後4時。

    ・調布市民生児童委員名簿(PDF文書)




    19時30分 健全育成推進飛田給地区委員会定例会が西部ふれあいの家で開かれました。


    昨年に引き続き、文化・スポーツ部会担当となりました。
    子どもたちのソフトボールのお手伝いを痩せる思いで頑張りますface02  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01Comments(0)今日の出来事飛田給の出来事

    2017年05月08日

    明るい社会づくりの会総会/黄砂と夕日と秩父山系

    13時30分 調布明るい社会づくりの会(藤塚昭子会長) 第38回定時総会が、市民プラザあくろすホールで開催されました。






    18時15分 黄砂の影響か、夕日が沈む秩父山系が霞んで見えました。






      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:19Comments(0)今日の出来事飛田給の出来事

    2017年05月03日

    FC東京・久保選手J1公式戦デビュー! 永井の移籍後初ゴールで勝利!!

    ルヴァンカップ・グループステージ(Aグループ)第4節 FC東京vs.札幌戦が味の素スタジアムで開催されました。

    前日、U-20(20歳以下)ワールドカップ韓国2017の日本代表に選出された、高校1年生・15歳の久保建英(たけふさ)選手が、J1公式戦デビューするか大変注目されています。

    ウォームアップをする久保。



    ボールパーソンは都立成瀬高校。


    スターティングメンバーが発表されました。久保はベンチスタートです。


    U-20ワールドカップ韓国2017の日本代表に選ばれたFW久保選手とGK波多野豪選手に、それぞれお母さんから花束が贈られましたface02



    FC東京のスターティングメンバーが記念撮影をしていますが、ベンチに座っている久保を撮影するカメラマンの数の方が多いではないですかface08




    15:04 キックオフ



    前半31分 高い位置でボールを奪った中島翔哉がペナルティエリア左からクロスを入れると、永井謙佑がトラップで浮いたボールをそのまま振り抜いてシュート。見事にネット右隅に突き刺し先制icon_bikkuri 永井はFC東京に移籍後初ゴールicon_bikkuri2









    1-0のまま前半終了
    ハーフタイム。手に鯉のぼりを持ったドロンパが一輪車に乗って現れましたface02


    ウォームアップをする久保。出番はあるのか?



    後半開始


    FC東京側のカメラマンの数は50人以上、札幌側はたった4人ですface08




    後半9分 中島がペナルティエリア手前で相手ボールを奪いピーターウタカにパス。ドリブルで仕掛けたウタカがキーパーの股下にシュート。ゴール枠へ吸い込まれるボールを永井が押し込むが、オフサイドの判定icon_bikkurihatena え〜っface09face09






    ついに、久保が篠田監督に呼ばれましたicon_bikkuri



    後半21分 永井に代わって出場icon_bikkuri2


    史上2番目の若さとなる15歳10ヶ月29日でJ1公式戦デビューを飾りましたface02





    ピッチに立った直後の後半22分、左サイドでフリーキックを獲得。キッカーの小川諒也がクロスを上げると、ペナルティエリア右で収めた阿部拓馬が久保へバックパス。久保は左足を振り抜いてシュートを放つが、札幌DFにブロックされてしまう。
    J1デビューの直後、ファーストプレイでシュートを放つのは、さすが天才たる所以かface02








    後半41分 久保がドリブルで攻め上がると、ペナルティーエリア手前でファウルを受け、フリーキックを獲得。
    東慶悟ら周囲からの勧めもあって自らキッカーにface08face08
    ゴール左上を直接狙ったシュートはわずかに枠の上へ外れてしまいましたface10












    久保を囲む札幌DF。


    久保とウタカは息が合っていました。



    試合終了。1-0で勝利icon22




    ヒーローインタビューは移籍後初ゴールをあげた永井face02


    永井と久保以外の選手がゴール裏サポーターに挨拶をしている頃、二人が遅れて登場。


    久保はドロンパとがっちり握手icon23



    永井と久保がゴール裏サポーターに挨拶して引き上げようとすると・・



    カメラマンが二人を取り囲みますface08


    仕方がなく、ゴール裏サポーターの方に走り寄って・・・


    「シャー」をやることになったようですが、永井がやり方が分からないようで久保が教えていますface02


    二人のダブルシャー。最初はタイミングがズレていましたが・・・


    最後は息がぴったりicon09



    【ハイライト映像】ルヴァンカップ第4節 5/3(水祝)札幌戦(fctokyochannel)



    【選手・監督コメント】FC東京ホームページより)

    《永井謙佑選手》
    「初ゴールを決められて、ホッとしているというのが正直な気持ち。僕はもともと、移籍をした後に初ゴールを取るのが遅い。名古屋に移った時も、8月頃にようやく決められた(苦笑)。ただ、試合は続くので、この初得点を機に続けて得点できるように、リーグ戦でも取れるように頑張りたい。
    これまでは自分自身、守備を意識し過ぎて、攻撃への切り替えが難しい試合が続いていたと思う。今日は成と話し合って、ある程度(マークを)ぼかしながら守り、前に出ていくことを意識していた。
    ウタカと拓馬が上手く連動して、そこに翔哉や僕が絡んでいく形が作れたと思う。特に前線でウタカが時間を作ってくれると、そこを追い越して2つ目、3つ目の仕掛けができたし、僕が抜け出せば、そのスペースにウタカや拓馬が入ってくれた。
    流動性があったし、そこから翔哉が狙う場面もあった。ゴールシーンも、ウタカと拓馬が相手DFを引っ張ってくれたので、エリア前が空いた。良い動きから攻めの形を作れたと思う。」


    《久保建英選手》
    「J1の試合に出場して、改めてレベルが高いと感じた。そこに自分もようやく一歩を踏み出せたというのが率直な感想です。
    スタジアムに来た時は緊張感があったが、いざピッチに立つと、緊張している場合ではなかった。どちらかというとJ3のほうが球際の勝負は厳しいと思ったが、ボールスピードやワンタッチプレーは、やはりJ1だという印象。プレスをかけてボールを取りにいっても、かわされることが多く、何度も繰り返して取りにいくと息が上がり、難しかった。

    (出場にあたって)
    篠田監督からは、『(札幌の選手交代で)マークが変わっているのでそれを選手に伝えること』と、『攻撃の最後の部分で頑張ってほしい』と指示を受けていた。相手も味方も疲れている時間帯だったので、走らないと自分が出場する意味がないとも思っていた。

    (FKについて)
    決めなければいけないチャンスだった。ニアの上を狙ったが、あと一歩だったので本当に悔しい。

    (FKにつながった一連のプレーについて)
    あそこで仕掛けなければFWじゃない。相手が来ているのが見えていたが、仕掛けた。結果的に倒れたが、どうせならシュートも打とうと考えて、打ったが、その直前のプレーが相手のファウルになった。

    (今日の試合で、J1で通用することや、まだまだだと感じたことは?)
    自分の力を出し切れたようには思わないので、そこはわかりません。

    (スタンドのコールについて)
    少し聞こえていました(笑)。最初はスタンドの応援の声が大きくて、プレーに集中できるかな……と少し心配だったが、良い具合に耳に入れて、声援をしてもらって気持ちよくプレーできたと思う。

    (“シャー” について)
    永井選手が初めてだとのことで、『教えて』と言われた。僕は何度かやっていたので、それを伝えた。

    (札幌MF小野選手について)
    これまでに映像でプレーを見ていたし、先日のルヴァンカップのボレーもすごかった。W杯に出場した選手でもあり、オーラがあったし、プレーの質も高い。一つ一つのプレーが正確で、トラップは足に吸い付いているようでした。

    (今日の試合出場を踏まえて、今後について)
    この1試合で終わった訳ではないし、サッカー選手である以上、どんどん上をめざしていきたい。J1のレベルになって、さらに上を目指し続けたい。自分が同年代のプレーヤーより半歩前に行っているという実感はある。ただ、スタートが早くても、ここから失速しないように、スピードを止めずに成長していきたい」


    《篠田 善之監督の会見要旨》
    勝点3を獲れたことは良かった。少しだけホッとしているが、追加点を取らないとどうなるかわからない展開だったと思う。
    いくつかポジティブな面もあったが、ゴールを割るためにエゴイストな部分を出す時と、エゴイストを利用して人を使って入っていくなどの判断の部分をもう少し良くしていきたい。
    2点目を前半のうちに取ることが出来れば、もっと押し込むことが出来たし、自分達がボールを握って良いシーンをたくさん見せられたのではないかと思う。やはり、ゴールを割るためにボールを握っているので、もう少しチーム全体で課題を見つめてやっていきたい。
    ただ、ポジティブな面もたくさん見ることが出来たし、今日は相手よりも走ることが出来たと思うので、また前を見て進んでいきたい。

    《質疑応答》
    Q=久保選手の交代のタイミングと評価について

    1-0という試合展開だったので、交代するタイミングが少し遅れたのかなと思うが、後半開始から出場しても出来ただろうし、もしかしたらスタメンから使えるのではないかと思うくらいの技術と戦術眼を持っていると感じる。
    ただ、チームに帯同する時間も少なったし、J3でも試合に出場していたので、あれくらいの出場時間がチームにとっても、彼にとっても良かったのではないかと思う。
    技術的なところは見て分かる通り、物怖じしないで前を向ける。
    試合後、彼と話をしたが、スルーパスを出すタイミングがあったところや、FKのところは、「自分の間合いが出せず、悔しいです」と話していた。これからたくさん高いレベルの試合で彼の姿を見られると思うので、まずはU-20日本代表で頑張ってもらいたい。

    Q=札幌に走り勝ったという表現をされたが、前線の阿部拓馬と中島翔哉への評価は?

    阿部は、相手選手の間でボールを受けて運びながら、ゲームをコントロールしてくれたので、とても良い評価をしている。サイドにボールがいった時でも、守備に走ってくれた。
    ただ、得点を決めるチャンスはあった。そこが今の彼の課題だと思う。ただ、今日見せてくれた姿勢とプレーはとても良かったと思う。
    中島に関しては、1対1のところまでは素晴らしい。そこから人をどう使うのかというところが、彼の課題だと思う。
    彼には、積極的にシュートを打つことは、続けていって欲しい。ただ、その中で人をいつ、どこで、どうやって使って中に入っていくかというところを改善しないと、他の選手がノッキングするかもしれない。今日は、もっと長い時間使いたかったが、ボールを失う場面が増えてきたので交代した。
    ただ、2人とも貴重な存在なので、引き続きトレーニングからやって欲しいと思う。




    久保選手は2016年11月5日のJ3・長野戦でJリーグ最年少出場記録を更新(15歳と5ヶ月1日)。さらに17年4月15日のJ3・C大阪U-23戦で公式戦初ゴールを挙げて、Jリーグ史上最年少ゴール記録を15歳10ヶ月11日に更新しました。

    J1公式戦デビューを飾りましたが、20日に韓国で開幕するU-20(20歳以下)ワールドカップの日本代表にも最年少で選ばれています。

    今後の久保選手の活躍に大いに期待しますface02

    今日は久保選手を中心に写真を撮りました。撮影した枚数は1,888枚icon_bikkuri

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 18:00Comments(0)今日の出来事FC東京

    2017年05月02日

    東京五輪 自転車・ロードレース 味スタ周辺スタートで最終調整

    NHK NEWS WEBで、東京オリンピックの自転車・ロードレースのコースについて、「スタート地点が調布の味の素スタジアム周辺で最終調整」と報道されました。




    東京五輪 自転車・ロードのコース 多摩~富士山で調整
    (5月2日 16時10分)
    3年後の東京オリンピックの自転車・ロードレースのコースについて、大会の組織委員会が、スタート地点を東京・多摩地区、ゴール地点を富士山周辺とすることを軸に最終調整していることがわかりました。
    自転車・ロードレースのコースをめぐっては、おととしのIOC=国際オリンピック委員会の理事会で、皇居外苑をスタートとゴールにするコースが承認されましたが、国際自転車競技連合が起伏のあるコースや景観のよさを求めたいとして、先月、富士山周辺を含んだコースを検討するよう、組織委員会に文書で要望していました。

    これを受けて、組織委員会で複数の案を検討した結果、スタート地点を東京・調布市の東京スタジアム、通称「味の素スタジアム」周辺、ゴール地点を富士山に近い静岡県のサーキット施設「富士スピードウェイ」にすることを軸に最終調整していることが、関係者への取材でわかりました。

    組織委員会の幹部は「新しい案では、都心を通らないので、警備や交通規制がしやすくなる」と話しています。

    組織委員会は今後、関係自治体と調整しながらコースの詳細を詰め、国際自転車競技連合に提案することにしています。