たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2020年11月12日

調布市市政功労者表彰式

令和2年度「調布市市政功労者表彰式」が調布市教育会館修室で開催されました。

(写真:調布市ホームページ



新型コロナウイルス感染拡大防止のため規模を縮小し、市議会からは渡辺議長が代表して出席しました。


市では毎年、市民生活と文化の向上に貢献した方、また、スポーツなどで活躍した方々を市政功労者として表彰しています。

本年度の受賞者は次の方々です(順不同・敬称略)。


市民表彰(97人、7団体)

◯産業経済功労
林明裕

◯保健衛生功労
菅間裕

◯地域福祉功労
深澤久男、滝田裕達、長谷川喜重、鈴木文夫、川嵜健次、岩松トク江、伊藤清、羽入田紀一、門傳千恵子、古場岩男、松浦敏夫、新井豊、いっしょうふれあいネットワーク、富士見台地区協議会

◯社会福祉功労
柴田洋子、石塚絹代、大河原幸子、小川俊治、熊谷己津子、鈴木成子、鈴木俊一、關口憲三、土屋篤雄、中島俊子、馬部誠、藤本彰、森田喜代昭、渡邉こずえ、小川時雄、濵中佳朗、髙野美也子、勝川幸子、鏑木恭子、渡邊雅子、市橋博、大石キヌ子、三好伊佐子、小河原春代、小出悦子、吉田律子、鈴木三枝子、今井峰子、長瀬貞子、小泉光

◯青少年育成功労
林明裕、吉田真由美、柴田朋子、松原絹子、木村和美、諸冨稔、川手洋子、串山正枝、石川和之、中澤さつき、 村上玲子、相田豊子、木村伸子、川井治美、鈴木美惠、浜島稔、福岡真理、山口靜子、宇谷文子、伊藤悦次、岡澤元、鈴木孝治、髙花明宏、立崎幸子、長島進一、林田紀子

◯技能功労
小針孝二郎、村上誠

◯生活文化功労
加藤弘子、大和光子、 中村加代子

◯スポーツ功労
富岡成一、西川陽、大澤直人、髙松光子

◯環境保全功労
安部政雄、高多一美、相田繁、篠原容子、関口方子

◯防犯・交通安全功労
清水利夫、吉田勝重、大竹寛、中嶋勝夫、西山庄治、元木隆、森川吉治、鈴木一、田中光枝、澤田みえ子、菊喜正

◯篤行
アフラック生命保険株式会社、株式会社アーク・システム代表取締役 武藤光哉、小俣甫正、浅田稻一郎、巴山建設株式会社、巴山興業株式会社、東京調布ライオンズクラブ


自治表彰(6人)

◯特別職功労
広瀬美知子、村山淳、北舘丈佳、鴨志田正守、瀧柳伸央、佐瀨一男



表彰された皆様、おめでとうございます。
長年にわたる市政へのご貢献・ご尽力に心から敬意を表します。

また、表彰者を選考いただきました荻本会長さんを始め表彰審査委員のみなさん、お疲れさまでした。




・令和元年度市政功労者表彰式(2019.11.13ブログ)
  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 22:19Comments(0)調布市政

    2020年11月10日

    京王閣から飛田給小へのコイとカメの引越し 調布市ホームページに掲載

    10月29日に京王閣競輪場(多摩川4丁目)の池から飛田給小学校の池にコイとカメが引っ越しましたが、そのことが11月10日付で調布市ホームページに掲載されましたicon_maro02



    ・飛田給小学校に鯉などが寄贈(調布市ホームページ)


    ・京王閣から飛田給小にコイとカメが引っ越し(2020.10.29ブログ)

    ・京王閣競輪場の池のコイ(2020.10.27ブログ)
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 17:00Comments(0)調布市政飛田給の出来事

    2020年11月09日

    外環トンネル工事 道路陥没に関する住民説明会 結果概要(調布市)

    「東京外かく環状道路工事現場付近での陥没事象・実施中の調査に関する説明会」が11月6日・7日に開催されました。

    当日の説明内容と主な質問や意見について、調布市都市整備部から市議会に情報提供があったので、記載します。
    (※文書をPDF化したので読みにくい点はご了承ください。)


    「東京外かく環状道路工事現場付近での陥没事象及び実施中の調査のご説明」の開催結果概要について(調布市作成)



    PDF



    【結果概要】(一部修正)

    1.主催者
    国土交通省・東日本高速道路株式会社(NEXCO東日本)・中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本)


    2.開催日時・来場者数

    (第1回)11月6日(金) 午後7時から午後9時5分 83名(調布市議会代表として川畑・広域特別委員会委員長が参加)
    (第2回)11月7日(土) 午後1時から午後2時50分 76名
    (第3回)11月7日(土) 午後3時半から午後5時半 47名(調布市議会代表として渡辺・議長が参加)


    3.開催場所
    滝坂小学校体育館(東つつじケ丘1-4-1)


    4.参加対象者
    陥没箇所周辺で原因究明のための調査の実施範囲の住民


    5.説明内容
    陥没事象を受けた現在の状況,調査方針等

    (当日会場配布資料)(抜粋)(PDF)
    資料1
    資料2
    資料3
    資料4


    6.住民からの主な質問や意見(※文書をPDF化してから文字にしているので、誤字・脱字がある可能性があります)

    【新たな空洞について】
    ・新たに見つかった空洞の埋め戻しに要する日数は。いつから行うのか。また,埋め戻しにはどのような材料を用いるのか。
    ・空洞から採取した地下水の水質データを公表してほしい。
    ・新たな空洞が発見されたのが11/2で,公表したのが11/4である。公表まで時間を要した理由は。すぐに公表するべき。
    ・自宅の下に申洞がないか心配である。調査はしてくれるのか。

    【陥没時の事業者の対応について1
    ・陥没発生時の時系列がおかしい。ネクスコ東日本は誰が来たのか教えてほしい。また,国交省は現地に来たのか。

    【事前の地質調査の実施についてl
    ・工事着手前に実施した地質調査はいつどこでやっていたのか。
    ・新たに空洞が見つかったネクスコ中日本所有用地ではなぜ事前にボーリング調査を行わなかったのか。

    【データ等の公表について】
    ・毎日計測している地盤計測のデータ等を公表してほしい。
    ・新横浜トンネルの陥没時は報告書が公表された。本件についても,同程度の資料の公表はすべき。
    ・影響範囲に対して調査範囲が狭すぎる。もっと広範囲で実施すべき。

    【トンネル施工等検討委員会について】
    ・検討委員会のメンバーに地元が推薦する委員はいれられないか。
    ・検討委員会の資料や議事録を公表してほしい。

    【住民対応について】
    ・陥没事故発生前はいつ通過する等のビラが入っていたが,今回の住民説明会の周知範囲は狭くなっている。もっと広く周知すべき。
    ・本説明会を聞きたい人が大勢いた。せめてオンライン配信をすべき。
    ・次国の説明会はいつ頃実施予定か。早めに実施してほしい。
    ・陥没が発生したが,緊急時マニュアルは全く機能しなかった。改善する予定はあるのか。

    【振動・騒音について】
    ・東つつじケ丘2丁目と他の地域ではどの程度振動が違っていたのか。
    ・シールド掘進申,騒音・振動で気分が悪くなった。低周波の測定を実施してほしい。
    ・外環が開通した際,大型車等により振動等が発生しないか心配。

    【大深度法について】
    ・地上に影響がないことを前提に実施されている事業なのに,振動・騒音被害が発生していること自体がおかしい。
    ・大深度法では直上の人にはメリットが全くない。税控除など公平性のあるものとすべき。

    【その他】
    ・土地の価格が下落した際の補償はめるのか。
    ・シールドが再開する際の判断は誰が行うのか。
    ・一番の心配は工事中及び完成後の安全。
    ・今後の北行シールド通過時や,開通後の振動や陥没が心配.




    「東京外かく環状道路工事現場付近での陥没事象に関する説明の場について」
    渡辺・調布市議会議長 、川畑・広域交通問題等対策特別委員会委員長コメント


    PDF


      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 17:00Comments(0)調布市政東京外環 道路陥没事故

    2020年10月31日

    令和元年台風第19号で生じた浸水被害に関する説明会

    10時30分 「令和元年台風第19号で生じた浸水被害の原因の究明結果などに関する説明会」が杉森小学校体育館で開催されました(会場内は写真撮影NG)。




    【以下:会場配布資料より抜粋】

    ●降雨・水位等の基礎情報

    多摩川調布流域の基準地点「石原水位観測所」の最高水位は6.33m(10月12日22:50)。


    調布市内の家屋被害件数は、半壊133、一部損壊(準半壊)90、一部損壊(10%未満)23、合計246。




    ●浸水発生時の検証(調布幹線流域)

    シミュレーションの結果では、多摩川からの逆流が発生しました。




    最大浸水深は75cm〜100cm。場所は住宅地ではなく畑地です。








    ●浸水発生時の検証(羽毛下・根川雨水幹線流域)











    ●狛江市検証結果との比較

    調布市域の最大深、現地(調査)125cm・計算(シミュレーション)138cm。






    ●当面の対策について





    ●国土交通省の多摩川における対策

    令和6年度までに河道掘削、堰対策、堤防整備を実施し、石原水位観測所付近で約60cm水位低下する見込みです。




    <会場配布資料>(PDF文書)
    ・令和元年台⾵第19号に伴う浸⽔被害に関する住⺠説明会(令和2年10⽉中間報告)
    ・風水害に備えた取組
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 13:00Comments(0)調布市政災害支援・災害対策

    2020年10月20日

    国交省・東日本高速道路・中日本高速道路に調布市長・調布市議会議長連名で緊急要請

    本日、16時より国土交通省、東日本高速道路株式会社及び中日本高速道路株式会社が、今回の道路陥没事故の概要と今後の対応について調布市に説明に来た際、調布市長と調布市議会議長の連名で、早急な原因究明等の対策について、下記のとおり緊急要請を行いました。



    blue_rightPDF



    国土交通省、東日本高速道路株式会社及び中日本高速道路株式会社には、調布市と陥没現場周辺の住民やシールドトンネル工事に不安を抱える市民に対して、誠実で丁寧な対応を求めます。


      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 19:15Comments(0)調布市政東京外環 道路陥没事故

    2020年10月19日

    「ダイアログ・イン・サイレンス」で萩生田文科大臣が飛田給小を視察

    聴覚障がい者の方のアテンドで、音のない世界で言葉の壁を超えた対話を楽しむ体験プログラム「ダイアログ・イン・サイレンス」が、飛田給小学校の4年生72名が参加して行われ、萩生田光一・文部科学大臣が視察に訪れました。

    文部科学省ホームページ



    「子供たちが言葉の壁を超えた対話に挑戦!」(YouTube-文部科学省/mextchannel)



    「一般社団法人ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ」によると、日本で初めての小学校出張開催だそうです。


    <参照>

    ・サイレンス、初めての小学校出張を開催!萩生田文科大臣に視察いただきました(ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ ホームページ)

    ・「ダイアログ・イン・サイレンス」ホームページ

    ・子供たちが言葉の壁を超えた対話に挑戦!調布市立飛田給小学校での「ダイアログ・イン・サイレンス」体験プログラムを萩生田大臣が視察(文部科学省ホームページ)


      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 17:00Comments(0)調布市政飛田給の出来事

    2020年10月16日

    調布市スーパープレミアム付商品券 購入

    調布市スーパープレミアム付商品券を飛田給郵便局で購入しました。



    ◯スーパープレミアム付商品券は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた市民生活への支援と併せ、市内消費喚起による事業者の支援及び地域経済の回復・活性化へつなげることを目的に調布市が実施する事業です。

    ◯発行総数は20万冊、券面総額は26億円(購入者負担額20億円、市負担額6億円)です。

    ◯1冊1万円で1万3,000円分の買い物ができます(プレミアム率30パーセント)。

    ◯1冊は500円券が26枚綴りです。
    青色の共通券20枚(1万円分)は全ての取扱店で使用可能で、赤色の限定券6枚(3,000円分)は大型店以外で使用可能です。
    (注1)大型店とは、「店舗面積が1,000平方メートル以上の小売店」と「大型商業施設内に入っている店舗」の2種類を指します。
    (注2)お釣りの対応はありません。


    ◯商品券は市内店舗等での飲食や買い物などに使えるもので、購入は事前申込制(1世帯5冊まで)となります。

    ◯第1次募集(8月20日〜9月2日)11万5千冊、第2次募集(9月20日〜30日)8万5千冊、計20万冊で事前申し込みは終了しています。

    ◯申込者に郵送される「購入引換券」を持参して、販売窓口(市内郵便局、京王観光株式会社 調布店・つつじヶ丘店、調布市役所)で購入します。


    ◯使用期間は、令和2年9月28日(月)から令和3年1月31日(日)までです。


    調布市スーパープレミアム付商品券の取扱店は、令和2年10月16日現在1,116店舗です。

    blue_right取扱店舗一覧

    うち、飛田給地域は26店(大型店1店)です。



    blue_right取扱店舗一覧「飛田給」


    詳しくは⇒調布市ホームページ
    ・都内最大規模の調布市スーパープレミアム付商品券
    ・調布市スーパープレミアム付商品券の販売
    ・調布市スーパープレミアム付商品券特設サイト
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 13:54Comments(0)調布市政

    2020年10月06日

    第32回調布市福祉大会

    14時 第32回調布市福祉大会が、文化会館たづくり・くすのきホールで開催されました。



    調布市社会福祉協議会と共同募金調布地区協力会が共催しています。


    関森正義・調布市社会福祉協議会会長の挨拶


    小川時雄・共同募金調布地区協力会副会長の挨拶




    社会福祉向上と共同募金に貢献のあった団体・個人に表彰状と感謝状が贈呈されました。



    手話通訳と要約筆記通訳が行われました。


    手話通訳


    要約筆記通訳は、話している内容を要約し、書いた文字をOHP(オーバーヘッドプロジェクタ)でスクリーンに投射して伝えます。




    受賞者活動紹介として、小地域交流事業国領地区の嶋田さんが「子ども食堂」などの活動発表をしました。

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 15:00Comments(0)調布市政

    2020年09月25日

    避難所開設訓練 報告会

    19時 新型コロナウイルス対策を踏まえた「避難所開設訓練」「報告会」が調布市グリーンホール大ホールで開催されました。

    調布市の総務部総合防災安全課・教育委員会教育部教育総務課・生活文化スポーツ部協働推進課の共催で、市内の自治会・地区協議会の役員さんに参加を呼びかけたようです。

    約70人の市民が参加していました。




    1.訓練VTRの上映




    2.避難所開設訓練の説明(会場配布資料より)
























    3.意見交換(質疑応答)



    参加者からは「コロナに対応すると、小中学校の体育館に何人避難できるのか?」「民間の協力で新たな避難所と駐車場を確保できないのか?」「要配慮者の駐車場所が市の北西部に偏っていないか?」「高齢者の避難所はどうなっているのか?」「要配慮者は家族と一緒に避難できるのか?」「災害情報の発信は?」「ペットの同行避難と同伴避難の違いが分かりにくい」「想定浸水深の表示はどうなっているのか?」など、昨年の台風19号の避難者としての経験からの質問や意見が相次ぎました。


    昨年の台風19号を上回る風水害がいつ調布を襲うか分かりません。

    先日の市議会第3回定例会の総務委員会で、たくさんの質疑・意見・要望をしました。

    台風19号の際、避難所などでの市民と職員の貴重な経験を教訓として風水害対策にしっかり生かしてもらいたいと思います。

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 20:00Comments(0)調布市政災害支援・災害対策

    2020年09月25日

    調布市役所2階エントランスで「オリンピックパネル展示」始まる

    調布市役所2階エントランスで「オリンピックパネル展示」が始まりました。




    東京2020オリンピックの300日前が9月26日(土)、パラリンピックの300日前が10月28日(水)なので、それに合わせて企画展示を行います。




    <日程と展示内容>
    9月24日(木)から10月2日(金)まで 「オリンピックに関する企画展示」
    10月5日(月)から10月9日(金)まで 「ホストタウンに関する企画展示」
    10月12日(月)から10月16日(金)まで 「応援アスリートに関する企画展示」
    10月19日(月)から10月30日(金)まで 「パラリンピックに関する企画展示」


    詳しくはblue_right「市庁舎パネル展示 東京2020大会に向けた300日前イベント」(調布市ホームページ)  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 13:39Comments(0)調布市政ラグビーW杯、オリンピック・パラリンピック

    2020年09月25日

    令和3年調布市成人式 「式典」のみを"入替制"で実施

    令和3年調布市成人式は、アトラクションは実施せず、新型コロナウイルス感染防止対策を講じた上で、「式典」のみを"入替制"で実施することになりました。


    <概要>

    ◯開催日時:令和3年1月11日(月・祝日)
    第1回 午後0時30分から1時10分まで(正午開場)
    第2回 午後3時から3時40分まで(午後2時30分開場)

    ◯会場:グリーンホール大ホール

    ◯参加回:入替制、内容は同一


    (注)私立・国公立中学校に在学していた方や、中学校卒業後に転入された方など、市内の公立中学校を卒業していない方については、お住まいの住所の学区域をご確認ください。
    blue_right調布市立中学校普通学級 学区域


    詳しくはblue_right「令和3年調布市成人式」(調布市ホームページ)
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 10:55Comments(0)調布市政

    2020年09月20日

    調布市 10月1日から学校施設の使用開放を再開

    調布市教育委員会は、学校教育以外の学校施設(校庭、体育館、教室)の使用を2月28日から当面中止として来ましたが、チェックリスト等の感染防止対策を遵守することを条件に、10月1日(木)から開放を再開することになりました。




    ソフトボールやサッカーなど、子どもたちの歓声も復活します。

    なお、今後の感染拡大の状況によっては、再度中止となることもあります。


    詳しくは⇒「令和2年10月1日から再開 学校施設の使用」(調布市ホームページ)  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 17:08Comments(0)調布市政

    2020年08月21日

    「調布飛行場が遺した戦争の記憶」展

    西部公民館だより8月号に「平和ロビー展示〜調布飛行場が遺した戦争の記憶」とあったので、行ってみました。



    飛田給地域は調布飛行場と密接な関係にあります。

    調布飛行場の前身は、1941年(昭和16年)に東京府が開設した「東京調布飛行場」です。

    (写真:東京調布飛行場の沿革


    整備をする際、区域内の住民と”神社”が移転しました。

    住民の何人かは現在も飛田給に住んでおられます。
    また、移転した神社が”道生神社”(飛田給2-39-20)です。

    (写真:グーグルマップ



    展示パネルは撮影不可だったので、詳細を説明することができませんが、戦中は陸軍、戦後は米軍に使用された調布飛行場の歴史などが写真付きパネルで解説されていて、規模は大きくありませんが、一見の価値があります。


    息子と娘が通った保恵学園幼稚園が”陸軍中央無線電信所調布受信所”の跡地に建てられたことを初めて知りました。


    展示は9月6日(日)までです。
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 18:00Comments(0)調布市政飛田給の出来事

    2020年08月20日

    調布市スーパープレミアム付商品券 申し込み開始

    調布市スーパープレミアム付商品券の申し込みが8月20日(木)から始まりました。


    新型コロナウイルス感染症の影響を受けた市民・事業者の皆さんを支援するとともに、市内経済の回復・活性化へつなげるため、プレミアム率30パーセントの商品券を販売します。

    この商品券1冊10,000円で13,000円分の買い物をすることができます。

    チラシ




    販売冊数は20万冊で、1世帯5冊まで申し込むことができます(申し込み冊数が20万冊を上回った場合は抽選)。

    商品券の購入には、事前申し込みが必要です。

    申し込みは「インターネット」か「申込専用ハガキ」(チラシに付いています)です。



    ネットでの申し込みは、1点だけ注意が必要です。

    町名(小島町、飛田給など)は「自宅住所(市町村)欄」に記入しないとエラーになります。


    郵便番号を入力して、「住所検索」をクリックすると、自動的に表記されるので簡単です。




    プレミアム付商品券を有効に利用して、市内経済の活性化にご協力をお願いしますicon_maro02



    詳しくはblue_right調布市スーパープレミアム付商品券の販売(調布市ホームページ)

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 10:00Comments(0)調布市政

    2020年08月17日

    市役所本庁舎で無料Wi-Fiサービス開始

    調布市役所本庁舎の2階・3階で、来庁者向けの無料Wi-Fiサービスの運用が開始されました。




    利便性向上のほか災害時に必要な情報を収集するための通信手段としても活用できる有効なツールであることから、庁舎内に導入するものです。

    庁舎2階・3階から先行して導入し、運用状況を踏まえた課題を確認しながら段階的に拡充を検討していきます。


    Wi-Fiの案内掲示は、市庁舎2階・3階のエレベーターホールにあります(写真:一部修正)。


    アクセスポイント識別名(SSID)は「Chofu-Free-Wi-Fi-2F3F」です。  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 09:00Comments(0)調布市政

    2020年08月14日

    鬼太郎ひろば 公衆トイレ設置工事

    鬼太郎ひろば(調布市下石原1-58)内で、公衆トイレの設置工事をこなっています。





    トイレは、多目的トイレ1器と男子トイレ(小便用)1器です(下図:議員への説明資料より)。



    工事期間は令和2年7月20日から11月27日で、12月上旬に使用開始の予定です。

      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 10:29Comments(0)水木しげる・ゲゲゲの鬼太郎&女房調布市政

    2020年08月11日

    調布西第3駐輪場 開設

    調布駅西側エリアの駐車需要に対応するため、時間ぎめ(一時)利用専用の調布市立調布西第3自転車駐車場(駐輪場)が開設されました。








    <駐輪場の位置図>



    <施設概要>

    ○名称
    調布市立調布西第3自転車駐車場

    ○所在地
    調布市小島町2-27-4

    ○車種
    自転車のみ

    ○収容台数
    175台

    ○使用形態
    時間ぎめ(一時)利用

    ○料金
    12時間100円(入場後90分以内の利用は無料)

    ○開設日
    令和2年8月11日(火)


    (参照:調布市ホームページ「調布市立調布西第3自転車駐車場を開設します」
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 10:00Comments(0)調布市政

    2020年08月07日

    調布市議会自民党創政会&林都議 市政・都政報告

    17時 調布駅前広場で、調布市議会自民党創政会と林明裕・都議会議員による市政・都政報告を行いました。

    創政会からは鈴木宗貴・幹事長、狩野明彦・副幹事長、大野祐司議員と私の4名が参加。





    今後、月に1回、毎月第1金曜日の夕方に行う予定です。  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 18:00Comments(0)調布市政

    2020年08月07日

    特別定額給付金 締切1か月

    特別定額給付金(10万円)の申請期限が、あと1か月となりました(表・数字:調布市ホームページより)。


    調布市の申請受け付けは、オンラインでの申請が5月1日から、郵送での申請が6月5日から始まりました。

    給付件数と給付割合は、8月7日現在で、郵送申請・オンライン申請合わせて115,363件、95.1%となっています。




    給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)に調布市の住民基本台帳に記録されている方で、121,303世帯(237,941人)なので、8月6日現在申請書が市役所に届いている郵送申請約109,000通、オンライン申請7,127件を引くと、約5,200世帯の方がまだ申請していないことになります。

    市によると、未申請者の内訳は、20歳〜50歳代が約80%、60歳以上は約20%となっています。

    申請の締め切りは、9月7日(月)です(※郵送申請は消印有効)。


    blue_right「特別定額給付金」(調布市ホームページ)
    blue_right「特別定額給付金の受付及び給付状況」(調布市ホームページ)
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 17:00Comments(0)調布市政

    2020年08月04日

    「調布駅南地下自転車駐車場の都市計画変更(廃止)に伴う説明会」

    19時 「調布駅南地下自転車駐車場の都市計画変更(廃止)に伴う説明会」が文化会館たづくり大会議場で開催されました。




    <説明内容>
    ①調布都市計画駐車場の変更(廃止)の概要
    ②調布市自転車等対策実施計画改定版(案)の概要(調布駅周辺地区の施策の方向性など)


    (青枠内:当日配布資料より抜粋)


























    調布駅前広場の地下に建設を予定していた駐輪場の建設を断念し、調布駅周辺に新たに駐輪場を整備していく計画変更の説明がありました。

    2025年度の調布駅周辺における公共の駐輪場整備台数は、平成20年の計画策定時には7,800台でしたが、今回7,250台(路上駐輪も含め)に変更されした。

    ただし、設置場所については示されましたが、駐輪場の構造など具体的な案は示されませんでした。

    また、「買い物客による短時間の駐輪需要に対応するため、路上駐輪場(※ちょこっと駐輪)について検討を進める」との方針が出されました。


    ただ、気になることが。

    市は地下駐輪場を断念した理由を4点あげました。



    長友市長は、市議会全員協議会(2018.11.12ブログ)、記者会見(2018.11.27ブログ)、私の一般質問の答弁(2018.12.6ブログ)、市民説明会(2019.1.17ブログ)で、地下駐輪場建設断念の理由として「地下駐輪場の建設と敷地内にある樹木の保全の両立が困難」と説明してきました。

    この理由はどこにいってしまったのでしょうかicon_bikkurihatena







      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 21:00Comments(0)調布市政調布駅前広場