たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2012年11月17日

石ノ森萬画館 再開

石巻市にある石ノ森萬画館が1年8カ月ぶりに再開しました。


「石ノ森萬画館」再開 漫画の街にヒーロー戻る(YouTube-ANNnewsCH)




萬画館は3月11日の東日本大震災で、高さ5メートルを超える津波に襲われ、1階の天井近くまで浸水。
館内にいたお客さんとスタッフは3階に避難して助かったものの、電気や空調など施設の主要設備が壊滅。

萬画館で販売していた商品は、保管してあった向かいのアパートごと津波に流されてしまい、ほとんど無くなってしまいました。


実は、私は大震災の5ヶ月前に調布市議会総務委員会の行政視察で萬画館を訪ねています(2010.10.13ブログ)。
石ノ森萬画館 再開石ノ森萬画館 再開

だから、被災地のひとつが石巻市だと分かった時、大きなショックを受けました。
あの時会った人達は無事なのだろうか・・・


3月29日、最初に被災地支援に行った時、被災地の惨状に愕然とする一方、津波に襲われたにもかかわらず奇跡的に残っていた萬画館を見て、ほっとするとともに感動しました(2011.3.29ブログ)。
石ノ森萬画館 再開


5月26日、「調布から!復興支援プロジェクト」の横山代表と萬画館を訪ねました。
萬画館を運営する「街づくりまんぼう」の西條社長さんから萬画館の窮状を聞いた時、小さくてもいいから私たちなりにできる支援をすることを決意しました(2011.5.26ブログ)。
石ノ森萬画館 再開石ノ森萬画館 再開
石ノ森萬画館 再開石ノ森萬画館 再開


6月18日には調布市布田の酒屋さん「リカー&フーズやまぐち屋」さんで石ノ森萬画館グッズ・チャリティー販売を開始(2011.6.18ブログ)。
石ノ森萬画館 再開石ノ森萬画館 再開

以来、市内の様々なイベントで萬画館グッズを販売。支援の輪は大きく広がって行きました。
石ノ森萬画館 再開石ノ森萬画館 再開



石巻市の亀山市長から「調布から!復興支援プロジェクト」にお礼の手紙が届きました。

石ノ森萬画館リ・オープン記念式典について御礼

向寒の候、益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。
また、先日は石ノ森萬画館リ・オープン記念式典に際し、
格別のご高誼を賜り、厚く御礼申し上げます。
御陰様をもちまして、萬画館は1年8ヶ月ぶりに無事再スタートすることができました。
これも一重に皆様方をはじめとする関係者の御協力と世界中から
寄せられた温かい御支援の賜と深く感謝をいたしております。
本市では、この萬画館再開を復興の旗印として、一日でも早く
市全体の復旧・復興を成し遂げたいと考えております。
そしてそれが、私たちが今皆様にできる唯一の恩返しであるとも考えております。
萬画館はこの後、来年2月に1ヶ月ほど再度休館し、
3月23日にリニューアルオープンする予定となっておりますので、
その際には、ぜひ石巻に御来訪いただきたいと存じます。
結びに、今後とも皆様の御理解と御協力を賜りますことをお願い申し上げ、
御礼の挨拶といたします。

平成24年11月吉日
調布から!復興支援プロジェクト様

宮城県石巻市長 亀山紘





今回の再開は何よりも嬉しいことですface02

「街づくりまんぼう」のスタッフのみなさん、おめでとうicon_bikkuri
努力が報われましたねface02

被災地の復興は、まだまだ時間がかかります。

これからも小さくてもいいから私たちなりにできることを続けて行きましょうicon01

石ノ森萬画館 再開
石ノ森萬画館 再開

  • 同じカテゴリー(今日の出来事)の記事画像
    飛田給駅・西調布駅・調布駅周辺に街頭防犯カメラを設置
    調布駅前広場暫定公衆トイレ 内覧会
    台風15号 調布市内の被害状況
    ラグビーテストマッチ パブリックビューイング
    飛田給自治会役員会
    第3回調布市議会定例会 開会
    同じカテゴリー(今日の出来事)の記事
     飛田給駅・西調布駅・調布駅周辺に街頭防犯カメラを設置 (2019-09-10 19:44)
     調布駅前広場暫定公衆トイレ 内覧会 (2019-09-09 22:46)
     台風15号 調布市内の被害状況 (2019-09-09 14:24)
     ラグビーテストマッチ パブリックビューイング (2019-09-07 15:37)
     飛田給自治会役員会 (2019-09-05 21:00)
     第3回調布市議会定例会 開会 (2019-09-03 12:00)
    Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01│Comments(0)今日の出来事
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。