たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2010年09月18日

国立高校体育祭


9月11日のブログに書きましたが、国立高校文化祭=国高祭に卒業以来32年振りに行ってみると、レベルの高さと後輩の頑張りに大感激face08

こうなると、どうしても体育祭も見たくなります。

特に体育祭は3年生の時に、副実行委員長をやったので、むちゃくちゃ思い入れがface15


私の頃は1学年9クラスで、各学年を青(1-3組)・白(4-6組)・赤(7-9組)の3軍に分けて競っていました。
私は9組なので赤軍でした(クラスは3年間変わらないので、ず〜っと赤軍)。

競技もさることながら、応援合戦にかなり力が入っていました。
応援団は、1年生が担当。
青軍・白軍・赤軍のそれぞれの伝統応援を入学早々2年生からじっくり教え込まれます。
1学期の早朝・昼休み・放課後と夏休みの多くの時間を練習にさいていました。

正統派の応援もあれば、「裸応援」「ゴリラ応援」など、かなり独特な応援も。
赤軍には「くみとり応援」「コケコッコ応援」「変則応援」「レッツゴー応援」がありました。

             昔の体育祭の様子
国立高校体育祭

国立高校体育祭
                    (1978年卒業アルバムより)




今は8クラスになってしまったので、東西の2軍での戦いになったようです。

Wikipedia「国立高校」によると「体育祭は文化祭の1週間後の土曜日に行われ、1年生の大多数と2年生の団長団が東西2団に分かれて行う応援合戦が伝統である。1996年までは赤白青の3軍制で行われていたが、全国的な少子化によりクラス数が1学年8クラスに削減されたのをきっかけに、現在の形式となった。」とあります。


8時30分 国高到着
さすがに国高祭の時ほどは混んでいません。

当時の体育祭とどのくらい変わっているんだろう・・・興味津々ですface02



体育祭のプログラム


開会式の様子
国立高校体育祭

一風変わった「応援団形式」の選手宣誓
国立高校体育祭

東軍キャンバス。昔は看板でした・・・
国立高校体育祭

西軍キャンバス
国立高校体育祭

西軍第一応援
国立高校体育祭

東軍第一応援
国立高校体育祭

昔と違い、クラス毎にユニフォームが
国立高校体育祭

Running綱引き(2年生)
国立高校体育祭

東軍自由応援(GIRLS)
国立高校体育祭

西軍自由応援(GIRLS)
国立高校体育祭

西軍自由応援(BOYS)
国立高校体育祭

東軍自由応援(BOYS)
国立高校体育祭

校舎風景
国立高校体育祭

図書館は昔のままのような
国立高校体育祭

国高校門
国立高校体育祭



国高祭の時の3年生の演劇と装飾のレベルの高さに驚きましたが、今回は応援合戦のレベルの高さに驚きました。

特に赤軍の第一応援と自由応援は驚愕の出来映えですface08

私の頃の「赤・青・白軍」の伝統応援はなくなってしまったようですが、新たに「東軍」「西軍」の伝統応援が引き継がれていました。

素晴らしい体育祭に拍手icon_bikkuri2


午後は公務があるため、残念ながら午前中のみface11

体育祭の模様は、ひろすけ’動画「国立高校体育祭」でぞうぞ(作成中face16


帰りは国立駅に向かいます。

国立駅は仮設駅舎でした。
三角屋根の旧駅舎は元通り復原するそうです。

国立高校体育祭

  • 同じカテゴリー(その他)の記事画像
    ブログアクセス 37万突破!
    ブログアクセス数 36万を突破
    30年前の参議院選挙 東京選挙区小野清子さん 随行秘書
    2020年東京オリンピック・パラリンピックエンブレム
    ブログアクセス数 320,000突破!
    開発行為と商店
    同じカテゴリー(その他)の記事
     ブログアクセス 37万突破! (2016-10-27 17:23)
     ブログアクセス数 36万を突破 (2016-07-23 07:52)
     30年前の参議院選挙 東京選挙区小野清子さん 随行秘書 (2016-07-08 11:38)
     2020年東京オリンピック・パラリンピックエンブレム (2015-09-02 15:39)
     ブログアクセス数 320,000突破! (2015-06-28 10:45)
     開発行為と商店 (2015-04-18 23:01)
    Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 23:01│Comments(0)その他
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。