たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2019年10月03日

市議会 タブレット端末体験会

14時 市議会議員のタブレット端末体験会が全員協議会室で開催されました。


現在、市議会では、来年度からのペーパーレス化、タブレット端末の導入を検討しています。

本日は、東京インタープレイ株式会社の会議システム「SideBooks」を実際に体験してみました。
次回は、富士ソフト株式会社の「moreNOTE」を体験します。

ちなみに市の特別職・部長職はすでに導入していて、庁議などで使っています。  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 16:00Comments(0)市議会今日の出来事

    2019年10月03日

    調布市土地開発公社理事会

    13時30分 調布市土地開発公社理事会が開催されました。


    私は議会選出監事を務めています。


    審議する議案は2つ。

    議案第3号「令和元年度調布市土地開発公社事業会計補正予算(第1号)」
    議案第4号「深大寺・佐須地域の里山,水辺環境の保全。活用事業用地の取得について」

    いずれも全員賛成で原案可決されました。


      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 14:00Comments(0)市議会今日の出来事

    2019年09月30日

    交通安全運動最終日

    7時20分 9月21日に始まった秋の全国交通安全運動は、最終日となりました。


    この間、市内で大きな事故はなかったようです。

    これからも子どもたちが交通事故に遭いませんように。  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 08:15Comments(0)今日の出来事飛田給の出来事

    2019年09月29日

    ラグビーW杯 オーストラリアvsウェールズ戦 飛田給の風景

    今日は東京スタジアム(味の素スタジアム)でラグビーワールドカップ、オーストラリアvs.ウェールズ(16:45キックオフ)が開催されます。
    優勝候補同志の試合です。

    13:45 キックオフ3時間前、飛田給駅に行ってみます。







    駅構内の調布市観光案内ブース。


    駅北口広場の様子。







    スタジアムに向かいます。

    警視庁DJポリスが活躍中。


    スタジアム通り。










    路上販売。



    甲州街道歩道橋下の仮設トイレ。
    男女4基ずつ設置。


    残念ながら、ビールの空き缶がicon_maro06


    歩道橋から東側ゲートに向かう人たち。



    オーストラリアとウェールズは、キリンビールによるとビール消費量上位国同士です。

    (下表:sankeibizより、一部修正)


    スタジアム通りの酒販売店・ブースで、ひたすら飲み続けているようです。





    駅の反対側の品川通り沿いのコンビニでも飲んでいました。
    店員さんによると、インターネットで調べてきたようです。


    酒を販売している住宅エリアに入り込んでいるケースも。





    息子と嫁は、友人と熱戦を楽しんだようです。




    18:45 試合が終了しました。

    19:30 見廻りに出発します。



    飛田給駅西側踏切
    ラグビーワールドカップとオリンピック・パラリンピック対応のために、今年2月に拡幅されました(2019.2.26ブログ
    拡幅しておいて良かった〜icon_maro02




    飛田給駅
    西側階段。


    東側階段。



    駅構内。






    臨時キップ売り場。


    無事ホテルに帰ってくださいね。



    駅北口広場










    オーストラリアとウェールズのサポーターは、アルコールを販売している店・ブースで飲み続けてました。




    スタジアム通りから離れたお店にも。




    夜も住宅エリアへの入り込みが見受けられました。



    酔った外国人の歓声と歌声が駅周辺に響いていました。
    22時頃、やっと静かになり、普段の飛田給に戻った途端、秋の虫たちが鳴き始めました。

      

  • 2019年09月25日

    釜石鵜住居復興スタジアムでラグビーW杯・フィジー対ウルグアイ戦

    岩手県釜石市鵜住居(うのすまい)の釜石鵜住居復興スタジアムで、ラグビーワールドカップ・フィジー対ウルグアイ戦が開催されました。

    (写真:釜石市ホームページ



    このスタジアムは、津波防災教育で学んだ「①想定を信じるな②最善をつくせ③率先避難者たれ」を実践した結果、在校中の児童生徒が自発的に全員避難し「釜石の奇跡」と言われた釜石東中学校と鵜住居小学校の跡地に建設されました。

    震災前の釜石東中学校(左)と鵜住居小学校(写真:釜石市ホームページ




    私は、2013年7月と8月、2017年8月の3回、鵜住居地区を訪ねました。

    釜石東中と鵜住居小の跡地(2013年8月16日撮影)


    建設中の釜石鵜住居復興スタジアム(2017年8月8日撮影)




    釜石鵜住居復興スタジアムは、釜石市の防災の考え方を広く発信しながら震災の記憶と防災の知恵を伝えるために小中学校跡地に建設されました。


    一方で、鵜住居小学校から4〜500メートル離れた鵜住居地区防災センターでは、避難した約200名が亡くなり、「釜石の悲劇」と言われています。

    位置図(釜石市鵜住居地区防災センターにおける東日本大震災津波被災調査報告書より)


    鵜住居地区防災センター(2013.8.16撮影)



    釜石鵜住居復興スタジアムの建設とラグビーワールドカップの開催が釜石市の復興にしっかりと結びつくことを祈るとともに、「釜石の奇跡」と「釜石の悲劇」からの教訓を決して忘れてはいけないと改めて思います。


    2013.8.16ブログ「釜石の奇跡」
    2013.8.16ブログ「鵜住居地区防災センター」
    2013.7.21ブログ 釜石の「奇跡と悲劇」