たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2020年09月23日

J1リーグ FC東京vsS大阪@味スタ

J1リーグ第18節 FC東京vs.セレッソ大阪戦が味の素スタジアムで開催されました。

ホーム3連戦の最終戦で、暫定順位ですが、2位S大阪と3位FC東京の直接対決です。


今シーズンは試合ごとに違う席で観ていますが、今回はクラブサポートメンバー特典チケット(優待価格2,000円)にてメインS上層で観戦。




選手入場〜










19時3分 キックオフ



前半7分 永井 謙佑が敵陣をドリブルで持ち上がり、ペナルティエリア手前の右から思い切ってシュート⇒GKがセーブ。



前半39分 三田 啓貴が右サイドを駆け上がって来た中村 帆高にパス⇒1度はDFにブロックされたもののスライディング姿勢のまま中央にパス⇒永井がペナルティエリア手前の右からペナルティエリア中央に浮き球のパス⇒ディエゴ オリヴェイラのトラップが長くなってしまうが⇒レアンドロがこれをつなぎ左へパス⇒走り込んだ小川 諒也がペナルティエリア左からシュート⇒枠の上に外れる。




前半終了。


今日も味スタは雨です。



スピーカーなどの設備。


ドロンパicon_maro08




円陣〜後半キックオフ



後半16分 永井OUT→アダイウトンIN/三田OUT→内田 宅哉IN



後半18分 右サイドでのスローインをアダイウトンがつなぐ⇒安部 柊斗が敵陣を持ち上がり左にパス⇒受けたディエゴ オリヴェイラはペナルティエリア内に進入⇒ペナルティエリア左から左足を振り抜きシュート⇒ゴール右に流し込んでGOAL=先制に成功して1-0icon_maro02









後半21分 森重 真人が左サイドの敵陣深くから右足でクロス⇒ペナルティエリア中央の内田 宅哉がDFと競り合いながらつなぐ⇒反応したアダイウトンがシュート⇒GOAL=追加点を奪って2-0icon_maro02









このゴールでFC東京はJ1通算900得点を達成icon_bikkuri


観衆は4,316人。



後半40分 ピッチを去るDオリヴェイラにスタンドから大きな拍手icon23icon23



アディショナルタイムは6分。



試合終了。2-0で勝利icon_maro08




ヒーローインタビューはディエゴ オリヴェイラ。








J1リーグ第18節 セレッソ大阪戦(fctokyochannel)




【選手・監督コメント】(FC東京ホームページ)

《ディエゴ オリヴェイラ選手》
(今日は守備面でも素晴らしい活躍だった。コンディションがすごく良いように感じたが)
「このポジションはブラジルでプレーしていたときにもやっていた。
2列目は運動量が求められると思うので、コンディションの部分は非常に大切になってくる。
今は、非常に良いフィーリングでプレーができていると思う」

(先制点は素晴らしいゴールだった)
「非常に厳しい試合だったが、勝てたことをまずは非常に嬉しく思う。
いつもそうですが自分はチームのために、どうやって貢献できるか。試合に出ても出なくてもその考えは同じ。
今日の先制点を非常に大切なこのゲームで自分が決めることができ、また、勝利に貢献することができたので良かった」

(シーズンも後半に入ってきた中で上位対決を制した)
「まだまだ試合はある。
今は勝点を稼いで上に食らいついていくことが大切。これから一つでも多く勝点を積み上げていきたい」


《長谷川 健太監督会見要旨》
「全員が集中して素晴らしい試合をしてくれた。言うことない結果、内容だと思っている」

(連戦だが、逆にフレッシュに見えた。何か特別な声掛けはしたか)
「今日は対戦相手がC大阪で、何も言わずに選手も気合いが入っていた。今日の試合が大事だということは十分わかってプレーしてくれた。あえて特別なことは言っていない」

(ディエゴ オリヴェイラ選手の左サイド起用について)
「左FWというイメージでやっているが、中盤の形を変えると動きも変わってくる。ただサイドアタッカー、左のFWというイメージで今日はやってもらった」

(ロティーナ監督が60分を境に試合の流れが変わったと話していた。長谷川監督も60分頃で選手交代することが多いが)
「連戦なので、自チームの選手のコンディションは考えながら、もちろん対C大阪も踏まえて、今日は上手く60分からさらなる活性化ができたと思う」

(内田選手の評価は?)
「内田の場合は、タスク的には清武のポジションを意識させながら、自分が攻撃のところでは良さを出してもらおうと使った。
前半からそのタスクは三田がやってくれて、三田が3連戦目なので、体力が続くまでよくプレーしてくれた。内田も引き継いでくれた。3日前の試合も90分で12km以上走っていたので、あの時間で精一杯プレーしてくれたと思う」



「OFFICIAL MATCHDAY PROGRAMME 0923」の『PREVIEW』に

2-3と敗れた大分戦のあと、長谷川健太監督は「ディテールにこだわる」姿勢を強調した。
あと半歩相手に寄せる、不利な体勢でも諦めずに身体を張る。
東京の強みである粘り強い戦い方を再確認し、前節は仙台を相手に1-0と接戦を制した。
前節同様にディテールへのこだわりを貫き、我慢強くチャンスを狙う必要があるだろう。


と書かれていましたが、まさしく「あと半歩」にこだわった素晴らしい試合でしたicon_maro02





試合数が異なるので暫定順位ですが、3位です(Jリーグホームページ)。

  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 21:00Comments(0)FC東京

    2020年09月23日

    第3回調布市議会定例会 閉会

    令和2年第3回調布市議会定例会閉会しました。


    (写真:議会運営委員長報告/議会事務局撮影)



    9月2日から9月23日までの22日間にわたり開催されました。



    市長提出議案は、「令和元年度調布市一般会計歳入歳出決算の認定」「令和2年度調布市一般会計補正予算(第5号)」「調布市教育委員会委員の任命」など18件で、審査の結果、すべて認定・可決・同意されました。



    市長報告は2件。



    陳情5件と議員提出議案6件を審査しました。





    詳しくはblue_right「令和2年第3回調布市議会定例会の会議結果」(市議会ホームページ)
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 13:00Comments(0)市議会

    2020年09月20日

    J1リーグ第17節 FC東京v仙台戦

    J1リーグ第17節 FC東京vs.仙台戦が味の素スタジアムで開催されました。


    今日の席はバック席の最もセンター寄りです。


    「You’ll Never Walk Alone」




    9月9日第15節の横浜FC戦から手拍子がOKになりました。


    ドロンパ




    円陣


    19時3分 キックオフ



    前半13分 自陣でのFKを素早いリスタートで再開し、カウンター⇒三田 啓貴が田川 亨介とのワンツーで抜け出し、ペナルティエリア手前の中央まで持ち込み左足を振り抜いてシュート⇒右ポストに当たってネットを揺らし、GOAL=先制に成功して1-0icon_maro02






    前半21分 レアンドロのスルーパスを受けたアダイウトンがドリブルで持ち上がってペナルティエリア左に進入⇒アダイウトンは切り返し、右足でカーブを掛けたシュート⇒右ポストにはじかれ、得点に至らずicon_maro06




    <後半開始>



    後半16分 アダイウトンがボールを奪う⇒アダイウトンはそのまま右足でミドルシュート⇒枠の右に外れるicon_maro06




    観衆は4,981人。
    7月18日第5節vs浦和戦から5,000人Maxで実施して来ましたが、最多数です。




    後半39分 自陣でのFKをクイックリスタートで再開し、レアンドロがドリブルで持ち上がる⇒レアンドロはペナルティエリア手前の中央から右足でシュート⇒GKが弾いたボールを原 大智が詰めてシュート⇒DFにブロックされてしまうicon_maro06






    後半43分 レアンドロOUT→永井 謙佑IN
    前線から積極的にプレスを掛け続ける永井選手に対し、サポーターから拍手icon23icon23



    アディショナルタイムは5分。



    試合終了。
    1-0でFC東京が勝利icon_maro02




    ヒーローインタビューは三田 啓貴選手。




    【ハイライト映像】




    【選手・監督コメント】(FC東京ホームページ)

    《三田啓貴選手》
    (ゴールシーンを振り返って)
    「あの場面は、ボールが来た後にアダイウトン選手に縦パスを入れたがファウルになった。ただ、しっかりボールが止まっていたので、クイックでプレーを再開し、相手の動きも止まっていた。置き去りにしてゴールを決めることができたので良かった」

    (攻撃においてアクセントが加えられていたと思う)
    「今日の試合は個人的に気合いが入っていた試合だった。
    前日には長谷川監督と話し、もっと攻撃に絡んでほしいと言われていたので期待に応えたいと思っていた。今日は結果を出して、勝利することができて良かった」

    (今日は良さが前面に出た試合だった)
    「若い選手が台頭してきているなかで、もっと自分が引っ張っていかないといけないと自分に言い聞かせて、今日は試合に入っていった。
    自分の良さは、中央でも前でも後ろでもボールを触って行くのが特徴だと思っている。
    そういうプレーは東京に戻って来て、なかなか出せていなかったので、今までの型にはまったプレーではなく、自然体でプレーできた」

    (古巣仙台について思うことは)
    「すごくお世話になったチームで、活躍できた2シーズンを過ごしたクラブ。
    仙台時代は面白いサッカーができていたと思うし、思い入れのあるクラブで本当に感謝している」


    《長谷川 健太監督会見要旨》
    「今日の試合はディテールにこだわって戦おうと話した。選手たちは前回の大分戦でできなかった攻守にわたってインテンシティとディテールにこだわるところを表現し、最後の最後まで気持ちを出して戦うことができた。追加点を取ることは次への課題。中2日でC大阪戦がくるので切り替えてやっていきたい」

    (素晴らしい決勝点。練習の質の高さを示したものだったが、どんな意識づけを)
    「勝負にこだわろうと伝えている。今日は三田が気持ちを出してプレーしてくれた。ここ最近も頑張ってくれていたが、まだまだポテンシャルを出しきれていない気がした。三田にも少し話をして、強い決意を持って今日の試合に臨んでくれた。それが今日の決勝点につながったと思う」

    (守備の迫力を感じたが、特に三田選手と内田選手のふたりが相手のボランチに仕事をさせなかった)
    「前節、守備がだいぶ緩かったので、もう一度半歩寄せる部分や、ポジショニングの部分など、ディテールに関してミーティングをした。攻撃の部分は練習の時間があまり持てないので仕方ないが、追加点を取れるところで取らないとしっぺ返しがくる。
    今日は先制点を取れたところが大きなポイント。三田や内田がインテンシティの高いプレーをしてくれたおかげだと思っている」

    (永井選手が途中出場から守備でも活躍したが)
    「押し込まれる展開ではあったが、守備陣は大きな問題はなかったので、下がり過ぎるよりも前でロングボールを蹴らせないように永井が三度追い、四度追いでチームのためにしっかりと貢献してくれた」
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 22:43Comments(0)FC東京

    2020年09月20日

    調布市 10月1日から学校施設の使用開放を再開

    調布市教育委員会は、学校教育以外の学校施設(校庭、体育館、教室)の使用を2月28日から当面中止として来ましたが、チェックリスト等の感染防止対策を遵守することを条件に、10月1日(木)から開放を再開することになりました。




    ソフトボールやサッカーなど、子どもたちの歓声も復活します。

    なお、今後の感染拡大の状況によっては、再度中止となることもあります。


    詳しくは⇒「令和2年10月1日から再開 学校施設の使用」(調布市ホームページ)  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 17:08Comments(0)調布市政

    2020年09月20日

    9時4分頃の地震 調布市内震度 西つつじヶ丘「1」、小島町「0」

    9時4分頃発生した地震(震源地:茨城県北部=北緯36.8度・東経140.4度/最大震度:3/深さ:約10km/マグニチュード:4.4)の調布市内の震度は、西つつじヶ丘(調布消防署つつじヶ丘出張所/西つつじヶ丘3-8-3)の震度が「1」、小島町(調布市役所/小島町2-35-1))の震度が「0」でした。

    気象庁ホームページ




    自宅のある飛田給1丁目では微かに揺れを感じました。
      

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 09:35Comments(0)災害情報