たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2020年09月17日

ニューヨークタイムズにFC東京と味の素スタジアムの記事が

9月9日のニューヨークタイムズ電子版FC東京味の素スタジアムの記事が掲載されていることが分かりました。


blue_righthttps://www.nytimes.com/2020/09/09/world/asia/japan-coronavirus-jleague-soccer.html?smid=fb-nytimes&smtyp=cur&fbclid=IwAR21FohpoPO5mhM5FV_6RHHbRctcfV6lqiB4HrOMEk25_bJWxpqCimHEkrg


何が書いてあるか分からないので、「Google翻訳」で訳してみました。




表現が変なところがありますが、私には訳せないのでご容赦ください。


By Motoko Rich Photographs by Noriko Hayashi
2020年9月9日

「5,000人のファンがいる静かな場所に座る:日本のスポーツの新しい音」

国は観客をスタジアムに戻すことを歓迎しましたが、彼らが知られている高度に編成された歌、詠唱、太鼓は現在、厳しく禁止されています。

TOKYO —プレーヤーがフィールドにボールを打ち込むと、私は突然、目の前にあるビニール袋のはっきりとしたしわが4列いっぱいに聞こえ、男が鶏のドラムスティックを引っ張って食べていました。

コロナウイルス時代の日本のプロサッカーの音。

米国とヨーロッパの主要なスポーツリーグは、ほとんど空のスタンドや段ボールの切り抜きの前にプレーしていますが、日本のファンは4か月の休止期間の後、7月の初めからゲームに参加しています。

ただし、トレードオフがあります。

通常、日本のファンは大声を上げるだけでなく、非常にオーケストレーションされており、完全に統制されています。 試合中ノンストップで歌ったり、応援したり、チャントしたり、ドラムを叩いたり、巨大なチームフラグを振ったりします。これは、エンターテイメントの価値を求めてフィールドでの実際のプレーに匹敵する騒々しい光景です。

現在、それらの活動のほとんどは、人々が叫びの狂乱に駆り立てられる可能性があることを恐れて禁止されており、あらゆるスプレーがウイルスを広めるためのベクトルになっています。

そのため、先週の日曜日にホームマッチに参加したとき、日本プロフットボールリーグ、またはJリーグのトップ層にある18チームの1つであるFC東京の約4,600人のファンに囲まれたとき、観客は不意に静かでした。 食品の包装紙のしわが寄るか、拍手が自然に噴出します。

通常の喧騒がなければ、私はそれぞれの鳴き声を登録しました! クリートがボールに会ったとき。

かっこ形の月の下で、投光照明の下で互いに呼びかけているプレイヤーの叫びとともに、セミのコーラスが鳴り響きました。

国はウイルスを抑制するために社会を封鎖する手段をとっていませんでした、そして4月に宣言された国家緊急事態は自主的な遵守に大部分依存しました。 ここ数週間でさえ、日本がいくつかの日に1,000以上の新しい感染を報告したとき、閉鎖への動きはありませんでした。

ビジネスリーダーたちは、「コロナを使って」というスローガンを作り、ウイルスと共存しながらリスクを低減するという彼らの哲学を説明しました。 東京の知事である小池百合子氏と安倍晋三首相は、このフレーズを国のコロナウイルス対策の指針として広めた。

そしてファンがゴールや素晴らしいセーブを称賛したとき、それは観客が動きの間で拍手で鳴る交響曲コンサートのような感覚を試合に与えました。

1月以来ウイルスが持続的に存在しているが、米国やヨーロッパのように制御不能に陥ったことのない日本は、経済を維持し続けるための努力の一環としてスタジアムにファンを歓迎しています。

交渉の一環として、国民は厳しい規則を守るよう求められます。 一般的に、人々は従います。

ほとんどの人は当然のことながらマスクを着用し、いたるところに出現している手の消毒剤のボトルからたっぷりとスプレーします。 公共交通機関では、エアロゾル化したウイルス粒子を放出する可能性を減らすために、話をしないように求められます。

先月末、日本の中央政府は大規模な集まりに対する制限を9月末まで5,000人以下に拡大しました。

友人(熱狂的なシーズンチケットホルダー)と彼の娘と一緒にFC東京の試合に向かう途中、彼の娘は誰も、まばらに満ちた電車や電話に鼻を埋めたり、時折本を読んだりしました。 (公平に言えば、これは日本の通勤者にとってはかなり正常な行動です。)

スタジアムでは、誰もが入場ゲートで赤外線温度計スキャンに提出しました。 地面のマーキングは、ファンが食べ物やお土産を買うために並んでいる間、社会的な距離を保ちました。

スタンドでは、1列おきに列が空のままで、各チケットホルダーの両側に2席が空いています。 家族でさえ一緒に座ることができませんでした。 スタジアムの半分-「アウェイ」セクション全体-は空いていた。 ゲーム中、観客は全員席についた。

チケット購入者は、スタジアムでコロナウイルスの症例があった場合に連絡トレーサーが追跡できるように、名前と連絡先情報を提出するように求められていましたが、サッカーリーグによると、観客は再開後にまだ試合に感染していません。

2011年以来、ほとんどのホームゲームに参加している熱心なファンである伊藤勝敏は、バーやレストランよりもスタジアムのほうが安全だと感じました。彼の目の前の空いている席で、チームのスカーフとタオルに加えて、タコのぬいぐるみ2匹(FC東京マスコット)に小さな白い布のマスクをかぶせていました。

熱狂的なファンにとって、最も難しい変更は、彼らがやりたいことを唱えたり、歌ったり、旗を振ったりすることの禁止です。

「私たち全員が人間だからです」と、Jリーグのコロナウイルス対応オフィスのゼネラルマネージャーである藤村正治は、公衆衛生の専門家や日本の野球リーグの関係者とともに観客のルールの開発を支援したと言いました。観客の数。

「旗を振ったり、太鼓を振ったりすると、人々はワクワクする」と藤村氏は付け加えた。 「そして、これは他の人を集めることができ、それは誰もが自分の声を上げることにつながる可能性があります。」

同じことがアルコールにも当てはまり、アルコールも禁止されています。

私が出席した夜、ファンは時々、ゴールへの勝利の歓声を叫んだり、チャンスを逃したことを聞いてうめいたりすることができませんでした。ある時点で、誤ったファンが相手チームからのフォワードについてディフェンダーに警告するのを聞いた。「彼は近づいている、彼は近づいている!」たまに、他の観客がストライカーに「撃つ!シュート!"

しかし、ほとんどの場合、スタンドからのノイズは断続的な拍手だけでした。 FC東京の主題歌「You’ll Never Walk Alone」の放送中、サポーター(通常は歌詞をベルトに巻き込むことになる)が静かにチームのスカーフを持ち上げ、いくつかのライトスティックを振っています。

「私たちは皆を守る必要があることを誰もが知っています」と2000年以来支持者である村松清美は言い、彼女の4人の子供はスタンドから試合を見て育ったと言いました。

村松さんは「FC東京に迷惑をかけたくない」と語った。

九州を本拠地とするJリーグチームの1つであるサガン鳥栖は、コーナを含む12人のプレーヤーとスタッフがコロナウイルスに陽性反応を示したため、8月に試合を中断しなければならなかった。

神戸大学病院の感染症専門医である岩田健太郎氏は、日本で感染症の発生率が低く、見物人が社会的距離のルールに従い、抱擁や高揚を避けた場合、「現在の措置は少なくとも 今。」

しかし、岩田博士は、野外競技場は比較的安全であるが、イベントへの電車やバスへの乗車、または仮面のないファンが互いに話し合う場合は、より大きなリスクをもたらす可能性があると述べた。

一部のファンは近づかないように求められています。 家族問題としてFC東京の試合に15年間参加した田中澄枝さん(65)は、息子の雇用主が大規模なイベントへの参加を禁じていると語った。

FC東京のコーチ、長谷川健太は、時折の拍手バーストは何もないよりはましだと言った。 「彼らは彼らの声で私たちを応援しておらず、騒ぐことによって、その興奮のすべてが彼らの拍手に含まれています」と彼は言った。

「彼は毎日仕事をしています」と田中さんは言いました。 「彼はゲームに来て感染した場合、それが悪いことになることを知っています。」

サッカーリーグは、施行されていたルールの1つを緩めました。 観客は今リズミカルに拍手することができます。

「いくつかの試合を観戦したところ、必然的にリズミカルな拍手が発生することがわかりました」とFC Tokyoの管理責任者である高橋圭は言います。 「しかし、それは余計な興奮と声を上げることにつながりません。」

日曜日の試合で、シーズンチケットのホルダーである山上典之は、チームのジャージを着た段ボールの切り抜きを彼の側面の席に置くことによって、観客の不足を克服しようとしました。

ウイルスへの曝露に気をつけて、彼は余分な保護のために外科用マスクの上にバンダナを打ちつけ、予防策として現在自宅で家族とは別に食べていると述べた。

しかし、彼はただ離れることができなかったと言いました。

「画面で試合を観ていたとき、空気を感じ、匂いを嗅ぎ、音を聞きたかっただけです」と山上氏は語った。 「以前とは違いますが、ここにいたいという気持ちがありました。」

  

  • Posted by 大須賀 浩裕(おおすが ひろすけ) at 18:55Comments(0)FC東京